コンクリートと鉄骨や鉄筋

マンション購入のさいは、火災にたいしてどのような安全策がとられているか、自動的に火災発生を知らせる報知器や消火栓は適切に設置されているか、避難路は確保されているかなども重要なチェックポイントになります。マンションは建築基準法、消防法で定められた防火対策がなされています。壁、床、天井はコンクリートですから燃えにくく、手抜きがなく違法建築でもない限り、火災にたいしては比較的、安全な住まいです。マンションではまず、主玄関のドアは防火扉になっていなければなりません。一般的には骨組みが鉄骨で、両面を0.5mm以上の厚さの鉄板を張った甲種扉がもちいられていますが、それでほとんどの延焼は防げます。延焼の事例をみますと、排気管などの配管や、コンクリートの埋め戻してない隙間といった意外なところから火の手が回っているのです。コンクリートにパイプを通すとき、大きめに穴をあけてパイプを通し、あとで隙間を埋め戻すのですが、それが不十分なばあいがあります。そこから火が侵入して延焼するのです。それは設計図書では分かりません。施工した会社が信頼できるかどうかで判断するしかテはないでしょう。構造上のつぎには、避難路のチェックになるでしょう。隣住戸とバルコニーでつながっているばあいは、簡単に突破できる仕切り板で仕切られてなければなりません。また独立しているばあいは、下階に下りられる避難ハッチが設けられていなければなりません。それから避難路は二つ以上は必要です。専有面積が100㎡になりますと、なかに防火扉の設置が義務づけられます。防火区域を設けて、被害を食い止めようというわけです。少なくとも以上のようなことが守られていれば、ひとまず安心でしょう。マンションのコンクリートと鉄骨や鉄筋、窓ガラスというのは意外なことに、大変に熱をつたえやすいのです。そのため湿った空気が温度の低い壁や天井、窓ガラスなどの表面にふれると結露ができるのです。かつてマンションには、壁がビッショリと汗をかいたように濡れていたり、水滴がポツンポツンと浮き出していたり、ときにはカビが生えていたりすることがよくありました。押入が湿気でフトンを入れられないなどもありました。最近でも手抜きマンションでは、ちょくちょくそのような結露をみかけますが、壁や天井などに断熱材が十分につかわれ、建物全体を断熱材でつつむようになっていれば防げます。

東京都の国立市ってどんな感じの街なのか皆さまはご存知でしょうか?実は東京で初の文教地区の指定を受けた街でございます。その名の通り,学園通りには様々な名のある学校があるので,さすがにその称号を手にしたと思わせる貫禄がありますよね。また,昔からある雑木林を整備し高級住宅街が形成されたことから,閑静な住宅街として常に人気を高め常に人気を高めていること間違いないのです。もし東京でお住まい探しをするのであれば,国立市は特にオススメいたします。こちらのウェブサイトでは,学生さん向けの賃貸物件はもちろんですが,ペット可にファミリー向け物件なども豊富にとりあつかっているので,是非国立での賃貸のご検討してみてはいかがでしょうか。ワンランク上の快適で魅力的な住環境,国立エリアで暮らす生活がもう直ぐ始まりますよ。

今回中古マンションの紹介をする地域の目黒区は東京都23区の南西側に所在しており,品川区と世田谷区,渋谷区とそれぞれの区と隣接している地域です。目黒川と呑川があるのがこの街の特徴の一つです。もう一つ,約25mほどの深い谷を作っているので,坂が多いのも特徴。そのため,坂に名前が付いている数が他の街と比較したら多い方です。国際交流も豊富に行われているそんな目黒区にお引越しをお考えの方は,是非こちらのウェブサイトに一度アクセスしてみて下さい。当サイトでは仲介手数料が無料・半額の目黒区の中古マンションを中心に数多くご紹介しております。交通面を重視にマンションをお探しの方もご安心下さい。駅近の中古マンションも豊富にご案内しております。中古となっていますが,どれも住みやすいキレイさを保っています。目黒区の物件が気になる方は当サイトをぜひご覧下さい。

昔から関西の奥座敷として有名な宝塚市。温泉旅館や高級住宅街を有する宝塚市にて,マイホームを購入したい!という方は多いのではないでしょうか。播磨地域の中心に位置しており交通の便は問題なく,街中は落ち着いた雰囲気が漂う,リラックスできる空間が漂っております。そんな宝塚市の不動産情報をお探しなら,多くの路線が始点・終点とする雲雀丘花屋敷駅周辺はどうでしょうか。大学や専門学校,高校など教育施設が充実しているので,子育て世代にぴったりですね。緑が多くて自然と触れ合える環境でありながらも,便利さを兼ね備えた申し分ないエリアでしょう。そんな駅周辺の不動産情報を多数取り扱っている当社のウェブサイトをご覧になってみて下さい。